Make a new world 
― Challenge from Kobe

NEWS

About

2015年「国連持続可能な開発サミット」で採択された持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)は、日本を含めた先進国と開発途上国がともに取り組むべき国際社会全体の普遍的な目標であり、2030年までに達成を目指す17のゴール・169のターゲットから構成されています。17のゴールは今取り組むべき課題を示しており、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指しています。
今日、地域から地球規模に至るさまざまな課題が社会に大きな影響を及ぼしています。持続可能でエシカルな暮らしを実現するためには、自然・環境、生活・人権・教育、そして経済・社会などSDGsにかかわるあらゆる課題を日々の営みによって解決していく必要があります。多くのステークホルダーがかかわるこのような社会的課題の解決と地域の活性化を両立するためには、産学公民一体となった取り組みが不可欠であり、大学における先進の技術や発想と学生ら若い力との融合は大きな力となります。
神戸大学では2020年2月にSDGs推進室を設立し、SDGsを達成するための取り組みをスタートさせました。目標の達成は、技術と教育とが多様な社会と融合することで実現されます。SDGs推進室は、アカデミアの「知」と「人」をSDGs課題解決につなぐため、異分野共創によるイノベーション創出と人の力を活かした取り組みを推進し、地域や産業界とSDGsの理念を共有しながら連携し、その取り組みを広く国内外に発信していきます。

SDGs推進室長 喜多 隆

KOBE’s
CORE
ACTIONS

新しい技術・産業・<br>社会の創出

1

新しい技術・産業・
社会の創出

グローバル課題、環境課題解決に向けて全学でイノベーション創出に取り組み、SDGs達成にコミットします。異分野共創研究やデータ戦略の推進によって産官を巻き込んで取り組みを加速します。SDGs目標を達成するビジネス(社会実装)モデルを構築して、新しい価値を産業界に発信し、社会・環境へ実装します。

教育・研究環境・人材育成

2

教育・研究環境・人材育成

課題から求められるデザイン思考、創造研究から生まれるアート思考を巧みに組み合わせて社会を根底から革新するようなSDGsイノベーションを生み出します。潜在的な希望や期待を探り当て、具体化し、SDGsスタートアップを育成します。

地域・自治体との連携

3

地域・自治体との連携

SDGsを社会に実装し、新しい社会の在り方を探索し実証していくため、地域・自治体と密に連携していきます。プラットフォームを活用した積極的な情報交換、技術交流、人材交流によって大学の「人」と「知」が民と一体となって連携する「実践型プロジェクト」を実施していきます。

PROJECTS

社 会 連 携 プ ロ ジ ェ ク ト

2025大阪・関西万博
2025大阪・関西万博

神戸大学では、2025年の大阪・関西万博で、緊急避難シミュレーションや、PLLによるAIスマート空調の展示を予定。また、学生たちによる共創チャレンジでは、次世代共創リーダー育成のためのメンタリングサービス提供に向け、プロジェクトを推進中です。

地域循環・自然共生社会推進
地域循環・自然共生社会推進

神戸大学は、日本みどりのプロジェクト推進協議会と連携し、「地域循環・自立分散型の社会・経済活動」を推進するための産官学プロジェクトを組成しました。研究成果を地域循環・自然共生社会の実現に役立て、関連する研究室と同協議会会員自治体・企業とのマッチングによるプロジェクト化を進めます。

関⻄SDGsプラットフォーム
関⻄SDGsプラットフォーム

関西の民間企業、市民社会・NPO・NGO、大学・研究機関、自治体・政府機関といった多様なアクターが参加するプラットフォームです。

カーボンニュートラル推進
カーボンニュートラル推進

神戸大学全学におけるカーボンニュートラル(CN)関連の研究を取りまとめ、関連技術の知的アセットを創出し、政策研究によって価値化する仕組みを構築していきます。【使わない(省エネルギー)】【作らない(カーボンフリー・カーボンニュートラルエネルギー)】【減らす(カーボンネガティブ)】の3カテゴリーの技術研究と、CN実現のための最適ポートフォリオを組むための政策的研究、さらに人材育成と社会共創に三位一体で取り組みます。 文理を超えた幅広い領域で展開されているCN関連研究を紹介しています。

学生SDGs推進プログラム
学生SDGs推進プログラム

SDGs意識を啓発するために学校側から学生に気づきの機会を提供し、一般的な意識の大学生がSDGsを知り、自分なりの課題意識をもち、自分がSDGs達成にむけて、企業や社会とともに行動することをサポートするのが「学生SDGs推進プログラム」です。

食品ロス削減
食品ロス削減

家庭で余った食品を集め、支援必要者に提供する企画を実施しています。この企画を通じて、食品ロス削減と困窮者支援を目指すとともに、問題解決に向けた普及啓発・活動支援者増加も期待しています。

<!--学生-->環境会議
環境会議

2050年カーボン‧ニュートラルの実現には、異なるステークホルダー間でその対策について議論することが重要です。本学では、教職員学⽣が⼀丸となってこの課題に取り組むため、学⽣が中⼼となって⾏動する「環境会議」を2021年4⽉に創設しました。

マイボトルリサイクル
マイボトルリサイクル

神戸大学とタイガー魔法瓶が協力し、ステンレスボトルの再資源化プロジェクトを立ち上げました。不燃ゴミだったステンレス材を再利用することで、循環型社会の実現に寄与しています。

持続可能なツーリズム
持続可能なツーリズム

神戸大学は、観光業界においてもSDGsを推進することで、持続可能な社会の実現に貢献しています。UNWTOの賛助加盟員として、自治体や企業、NGOと連携した異分野共創研究教育や産学連携を進めています。

エシカル消費の推進
エシカル消費の推進

ただいま準備中です。

中⾼⼤SDGs連携
中⾼⼤SDGs連携

神戸大学では、神戸大学附属中等教育学校との連携を強化し、SDGsに関する意識調査や企業と協力した授業も実施しています。

ひょうごSDGs<br>オープンイノベーション
ひょうごSDGs
オープンイノベーション

大学の技術や若者の力を活かし、産学公民が協力してSDGsに関わる課題の解決と地域の活性化を図ることが大切です。2025年に開催される大阪・関西万博を一つの契機とした大学連携の新しい実証の場として「大学エコシステム・ひょうごSDGsオープンイノベーション」を設立することといたしました。

繊維リサイクル
繊維リサイクル

ただいま準備中です。

SDGs経営
SDGs経営

ただいま準備中です。

環境DNAを用いた生物調査
環境DNAを用いた生物調査

水中をはじめとした環境中のDNAを分析することで、希少種などの生物や生態系に負担をかけることなく調査を行うことができ、生物や生態系の保全を通じた持続可能な社会の設計につながると考えられます。

弓削牧場バイオエネルギープロジェクト
弓削牧場バイオエネルギープロジェクト

ただいま準備中です。

大学キャンパスのCO2排出量削減戦略の検討
大学キャンパスのCO2排出量削減戦略の検討

神戸大学キャンパスは神戸市内でも有数の大規模事業所であり、その観点からもCO2排出量削減の責任を負っているとともに、神戸市・兵庫県における環境対策活動のリーダーとしての役割を担う必要があります。本研究では、神戸大学の六甲台キャンパスの全建物を対象として、CO2排出量削減の具体的な戦略を策定するために、現状の設備機器の稼働実態調査、エネルギー消費量の分析に基づき、CO2排出量削減効果の予測を実施します。

SDGs未来都市開発
SDGs未来都市開発

ただいま準備中です。

2025大阪・関西万博

2025大阪・関西万博

地域循環・自然共生社会推進

地域循環・
自然共生社会推進

関⻄SDGsプラットフォーム

関⻄SDGs
プラットフォーム

カーボンニュートラル推進

カーボンニュートラル推進

学生SDGs推進プログラム

学生SDGs推進
プログラム

食品ロス削減

食品ロス削減

<!--学生-->環境会議

環境会議

マイボトルリサイクル

マイボトルリサイクル

持続可能なツーリズム

持続可能な
ツーリズム

エシカル消費の推進

エシカル消費の推進

中⾼⼤SDGs連携

中⾼⼤SDGs連携

ひょうごSDGsオープンイノベーション

ひょうごSDGsオープンイノベーション

繊維リサイクル

繊維リサイクル

SDGs経営

SDGs経営

環境DNAを用いた生物調査

環境DNAを用いた
生物調査

弓削牧場バイオエネルギープロジェクト

弓削牧場
バイオエネルギー
プロジェクト

大学キャンパスのCO2排出量削減戦略の検討

大学キャンパスの
CO2排出量削減戦略
の検討

SDGs未来都市開発

SDGs未来都市開発

Student’s
Action

Student's Action

神戸大学
SDGs研究交流会とSDGsフォーラム

神⼾⼤学SDGs研究交流会は、地域社会や産業界とSDGsの理念を共有するオープンな交流とよどみのない成果の社会実装を実現するため、新しい価値を創造する産官学連携プラットフォームを構築することを⽬的としています。