取組事例

認知症予防の側面から健康寿命の延伸を支援し、持続可能な地域社会・豊かな高齢社会づくりに貢献する

  • すべての人に健康と福祉を
  • 住み続けられるまちづくりを

木戸 良明(認知症予防推進センター・センター長、大学院保健学研究科教授)

高齢化が進む日本では認知症の高齢者も急速に増加しており、厚生労働省による推計数では2025年の高齢者の認知症患者は730万人に及ぶと言われています。

そのような状況の中、神戸大学では総合大学の強みを生かし、理系・文系を問わず多様な学問分野の専門家が連携して2018年に認知症予防プロジェクトを発足しました。私たちは、そこで行われる「認知症予防に関する研究」と「認知症予防プログラムの普及」の相互作用の成果を通じて豊かな高齢社会づくりや地域活力の維持・向上に寄与することを目指しています。また、このプロジェクトはSDG’sの観点からも意義あるものであると考えています。