取組事例

労働・社会保障法政策論

  • 貧困をなくそう
  • すべての人に健康と福祉を
  • 人や国の不平等をなくそう

関根 由紀(大学院法学研究科・教授)

この授業では、社会保障法の現代的課題を幾つか取り上げ、社会保障の法と政策の基本的な考え方を理解し、制度に係る問題、政策課題について正確な議論を行うための知識を習得することを目的とする。

講義内容は、概ね以下のとおりである。

1)老後の所得保障:年金と高齢者雇用促進
2)医療保険と医療政策:公的医療保険の範囲
3)高齢者の医療と介護保険
4)社会保障の財政(社会保障と税の一体改革)
5)社会福祉改革
6)生活保護
7)最低生活保障:雇用と社会保障の補完性

また1回から2回程度、社会福祉行政の現場で働くプロフェッショナルを招き、講演を聞いて議論を行う。

講義風景