ニュース

「企業SDGs講座」第1弾・4月『 三井住友銀行 』を開催しました

「企業SDGs講座」は、学生の関心が高い企業からSDGsの取り組みについてご講演いただくとともに、企業・学生・教職員の直接対話を通じて、大学と企業が一緒にSDGsを学び、これからのSDGs達成に向けたる取り組みを共有することを目的としています。

2022年4月22日に、第1回となる「企業SDGs講座・第1弾『 三井住友銀行 』」を神戸大学眺望館にて開催し、対面及びオンラインのハイブリッド開催で、合計60名(うち学生30名)が参加しました。

講座前半では、「学生SDGs推進プログラム」学生委員である柳さんの司会により、株式会社三井住友銀行 関西成長戦略室室長 林 俊武 様から同社の事業を通じたSDGsの取り組みについてご講演いただき、その後質疑を行いました。



また、後半の交流会は学生・教職員と企業参加者によるフリーディスカッション形式とし、ご登壇者の三井住友銀行・林様、喜多SDGs推進室長、学生司会を務めた柳さんを囲み、SDGsの取り組みについてそれぞれの立場から活発に意見交換が行われました。







一方通行のセミナーではなく、第一線の企業人と学生が直接対話を行う点が、この講座の最大の特徴です。今後も2ヵ月に1回程度のリレー形式として、多様な企業を招いた講座を展開してまいります。

神戸大学「企業SDGs講座」について

次回の「企業SDGs講座」お申込み