メッセージ

2015年「国連持続可能な開発サミット」で採択された持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)は、日本を含めた先進国と開発途上国がともに取り組むべき国際社会全体の普遍的な目標であり、2030年までに達成を目指す17のゴール・169のターゲットから構成されています。17のゴールは今取り組むべき課題を示しており、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指しています。

神戸大学では2020年2月にSDGs推進室を設置し、SDGsの17のゴールへの取組みをスタートさせました。SDGs推進室では、地域社会や産業界とSDGsの理念を共有するオープンな交流とよどみのない成果の社会実装を実現するため、従来の学術分野を横断した新学術領域を開拓して新しい価値創造のための産・学・官プラットフォームを構築します。

目標の達成には先進の技術と教育が多様な社会と融合することが不可欠であり、われわれはそのために、(1)技術・産業・社会イノベーション創出、(2)価値創造と価値の実装、(3)若手人材の教育と人材育成の好循環、(4)地域社会との緊密な連携、(5)世界の現場との強い連携を柱に行動してSDGsの達成に貢献していきます。

SDGs推進室長 喜多 隆

Loading
第44回学長定例記者会見(2020年7月22日)
第43回学長定例記者会見(2020年5月22日)
第42回学長定例記者会見(2020年3月27日)
海神プロジェクト
神大生の商品開発
先端バイオ工学研究センター
KIBER Program
数理・データサイエンスセンター

ニュース・イベント